洗浄剤に関するお話

query_builder 2021/10/24
ブログ

皆さんも良くご家庭で、様々な洗浄剤をお使いになっているかと思います。

一般的にどこのご家庭でも使用しているのが、食器洗い洗剤、お風呂の洗剤、

室内家具類を掃除する洗剤,トイレ用の洗剤、あとは洗濯用の洗剤などが主なものでは無いかと思います。”ph”(ペーハー)という言葉はご存じとは思いますが、簡単に言うとその洗剤の成分の値で、アルカリ性、中性,酸性の3つに大体は分類されています。これは0~14の数値を設けて、真ん中の7が中性で、それより小さくなるほど酸性が強く、大きくなるほどアルカリの属性が強くなり、水道水の水質基準値がph5.8~8.6の範囲内となっています。

家庭用でも皮膚が弱い方は、お掃除すると手荒れで大変な人もおられますが、お風呂用や洗濯洗剤、カビ落とし洗剤などは弱アルカリ性、食器洗い洗剤は中性、トイレ用の洗剤は強めの酸性というのが大体の選別です。普通一般の皆様が容易に入手出来るのは、ph2~12の間のものでしょうね。洗浄力が強いものはもろ刃の剣ですので、手荒れくらいでは済まないものも有るので、取り扱いにも細心の注意を要しますし、相応の知識も必要になります。弊社では環境面にも配慮して、強い酸やアルカリの洗浄剤は基本的には使用いたしませんので、アルカリでもph8.5の重曹を主体に,酸性ではクエン酸や食酢程度のph2~2.5のものを上限で後は中性のものを使用しております。

洗浄するものの母材を痛めてしまわぬように、注意して作業しております。  




  

記事検索

NEW

  • 今日は祖父の命日です

    query_builder 2022/03/07
  • 横須賀は暖かい

    query_builder 2022/02/16
  • 寒さも厳しく・・

    query_builder 2022/02/01
  • 明けましておめでとうございます。

    query_builder 2022/01/09
  • 皆様、どうぞよいお年を。

    query_builder 2021/12/31

CATEGORY

ARCHIVE